joedunn.org blog

毎日飽きもせず庭を監視する我が家の猫

我が家には飼い始めて1年の猫がいますが、その猫が毎日日課にしている事は庭の監視です。
子猫の時に拾って以来ずっと室内で飼っていて外に出すことはありません。
でも元々はノラ猫だったせいもあり、毎日外を眺めてはニャーニャー鳴いて外に出してと訴えていました。
1階で飼っているので窓は開けていても網戸にしているのですが、その網戸をよじ登ってはなんとか外に出ようと大騒ぎです。
我が家は小さな庭があるのですが、その庭によく他のノラ猫達が遊びに来るので気になって仕方ないのです。
毎回猫が通るたびに我が家の猫はシャーシャーと威嚇しています。
多分ここは自分の縄張りだから勝手に通るな、とでも言っているのかもしれません。
そんな興奮している我が家の猫を尻目にノラ猫達は自由に庭を歩き回っています。
その時はまだ去勢手術もしていなかったので余計に興奮していたのだと思います。
手術をした後はさすがにあまり鳴くこともなく、性格も穏やかになりました。
ですが毎日外を眺めることは変わりなく続いています。
相変わらず他の猫が来るとシャーシャー威嚇するのだけは手術前と同じなのです。
いつ通るかわからない猫を威嚇する為に、我が家の猫は庭の監視を怠りません。
毎日ずっと外ばかり眺めていてよく飽きないなと感心してしまいます。
ですが我が家の猫にとって庭の監視は欠かすことのできない日課なんでしょうね。
今日も気がつくと窓に張り付いて庭の監視をしています。
人間だったらきっと優秀な警備員にでもなっていたかもしれませんね。
果たして今日はノラ猫達やってくるのでしょうか・・・。


Categorised as: 日誌


Comments are closed.