joedunn.org blog

トイレに入っていると思っていました

スリッパにはいろいろな役割があります。足を冷やさない、足が汚れないようにする
といったことが主たる役割でしょう。しかし、それ以外の役割もあります。どこにい
るのかを知らせる役割です。

例えば、部屋の前に脱いであればその部屋の中にいるでしょう。玄関先においてあれば、
恐らく出て行ったのでしょう。このようにスリッパは、持ち主の居場所や行き先を教え
てくれます。しかし、誤解させてしまうということもあります。そのせいで先日、迷惑
な目に遭いました。

トイレに行こうと一階まで下りてきた私。しかし、トイレの前にはスリッパが置いて
ありました。母のものです。恐らく入っているのでしょう。そう言えば、先ほどトイレ
の扉が閉まる音が聞こえていたなと思い出した私は、部屋に戻ることにしました。

しばらくしてまたトイレに向かった私。しかし、まだスリッパが置いてあります。おまけ
に扉に付いている小窓からは灯りが点いているのが見えます。まだ、使えないのかと、
とぼとぼと部屋に帰って行きました。

いい加減お腹の調子が限界になって来た私。しかし、トイレの前にはまだスリッパが置
いてあります。さすがに変に思い、トイレの扉を叩いて確認しようとした所、私の後ろ
から母がスリッパを取りに通って行きました。

ずっと入っていなかったようです。スリッパを履かなかった理由は分かりませんが、電
気は単純に消し忘れたのでしょう。恨み言の一つでも言ってやりたい所でしたが、それ
よりも今はトイレの方が大事でした。


昨夜から今日の昼までの食事

昨夜の夕食は豚野菜炒めでした。
作ってもらって言うのは難ですが、いつもと比べて大雑把な料理だったように思います。
それにあまり量がないので他の家族の分を考えるとあまり食べられません。
なので最後に玉子ご飯を食べました。

いつも忙しい時は惣菜を買ってきてくれるものですがどうしたのでしょう。
具を思い出してみると豚肉、もやし、しらたき、ししとう・・・そうか、我が家で作っているししとうがまだかなり残っているからそれを使いたかったのか。
まだゴーヤなど色んな夏野菜が残っているのでそれらを使った料理が出てくるでしょう。
いや、作ってもらっておいてどうこう言う資格はないことは分かっているのですが(汗)

そして翌日の今日ですが、私は朝食はとらず緑茶だけで過ごし、今日初の食事はおやつどきになります。
10時のおやつはインスタントコーヒーと味しらべというせんべいでした。
味しらべは私が子どもの頃からあるロングセラー商品で、適度な甘味とさくさく感がたまらないお菓子で祖母の好物です。
私は子どもの頃はあまり好きではありませんでしたが、大人になって改めて食べてみるとさすがロングセラーと感心させられる味でそれ以降気に入って食べているのでした。

昼食は味噌汁とおくら入りの納豆ご飯、ベーコン入りの切り干し大根煮、そして自分で作ったのがベーコン入り玉子焼きです。
キッチンにあったのだけでは足りないと玉子焼きを作ることにしたのですが、切り干し大根が美味しかったのでそんなに必要なかったと思いました。


毎日飽きもせず庭を監視する我が家の猫

我が家には飼い始めて1年の猫がいますが、その猫が毎日日課にしている事は庭の監視です。
子猫の時に拾って以来ずっと室内で飼っていて外に出すことはありません。
でも元々はノラ猫だったせいもあり、毎日外を眺めてはニャーニャー鳴いて外に出してと訴えていました。
1階で飼っているので窓は開けていても網戸にしているのですが、その網戸をよじ登ってはなんとか外に出ようと大騒ぎです。
我が家は小さな庭があるのですが、その庭によく他のノラ猫達が遊びに来るので気になって仕方ないのです。
毎回猫が通るたびに我が家の猫はシャーシャーと威嚇しています。
多分ここは自分の縄張りだから勝手に通るな、とでも言っているのかもしれません。
そんな興奮している我が家の猫を尻目にノラ猫達は自由に庭を歩き回っています。
その時はまだ去勢手術もしていなかったので余計に興奮していたのだと思います。
手術をした後はさすがにあまり鳴くこともなく、性格も穏やかになりました。
ですが毎日外を眺めることは変わりなく続いています。
相変わらず他の猫が来るとシャーシャー威嚇するのだけは手術前と同じなのです。
いつ通るかわからない猫を威嚇する為に、我が家の猫は庭の監視を怠りません。
毎日ずっと外ばかり眺めていてよく飽きないなと感心してしまいます。
ですが我が家の猫にとって庭の監視は欠かすことのできない日課なんでしょうね。
今日も気がつくと窓に張り付いて庭の監視をしています。
人間だったらきっと優秀な警備員にでもなっていたかもしれませんね。
果たして今日はノラ猫達やってくるのでしょうか・・・。


メダカの生命力は素晴らしいです

我が家では、家族がベランダでメダカを飼っています。
室内で使う水槽を、ベランダに出しているのです。

水槽は2つあり、それぞれ大人のメダカが数匹ずついます。

そのうち 1匹のメダカが少し前に産卵をし、卵も無事 孵化をして、今では赤ちゃんメダカもいます。
赤ちゃんメダカは 大人のメダカとはエサが違いますので、別の容器に移し替えています。

そして 室外で飼育している事もあり 水が蒸発しますので、足すための水を バケツに入れて用意しています。
そのバケツの中には、水生植物や水草が入れてあり なるべく水槽の水と同じような水を作っているのです。

私は先日、自分が育てています観葉植物の水やりのためにベランダへ出ました。
水やりをしながら、何気なく メダカの水槽を見ていたのです。
その後、目線が足すための水用のバケツに移りました。

すると、そのバケツの中で何かが動いていました。
私は「バケツに入れている水生植物から貝のような生き物が生まれたんだな」と思って見ていますと、目のような物が2つあり 体が少し長いのです。
私は「あれ?これってメダカの赤ちゃんじゃない?どうしてここに居るんだろう?」と驚きました。

そのバケツをよく見ますと、その赤ちゃんメダカは1匹だけでなく数匹いたのです。
その事を家族に知らせますと、家族もまた驚いていました。

バケツには 親メダカは1匹も入っていませんでしたので、いったいどこからメダカの卵が付いてきたのかが分かりません。
もしかしたら、バケツの中に入れていた水草に卵が付いていたのかなとも考えられます。

家族は そこにメダカがいる事を知りませんでしたので、エサなどを与えていなかったにもかかわらず、赤ちゃんメダカ達はみんな元気でした。

その姿を見て、改めてメダカの生命力はすごいなと感じました。


女性は何キロが平均?

今の女の子って皆、細くて背が高いですよね~。
私は背が低くて太っているので、街中で細くて足が長い子をみるとうらやましくなってしまいます。
昔は身長155センチで53キロくらいが良いなんていわれていましたが、今は155センチで48キロくらいが標準のようです。
計算的には身長-100=平均なんていわれていましたが、今では身長-110センチが当たり前なんです。
そもそも身長だって、155センチが平均ではなく160センチくらいが平均で、頭の大きさだって変わってきています。
これは食生活なども関係しているのでしょうが、昔平均の私としては生まれながらに得られなかったものなので羨ましくて仕様がありません。
そんな私の子供も顔が小さいので頭身が多いんです。
私の子なのに・・・!と思わなくもないですが、それでも綺麗に成長してくれて嬉しいですよね。
ただ、どうして今の子ってこんなに細長いんでしょうか。
何かメカニズムがあるのかな?